交通事故被害は弁護士に相談するべき

交通事故被害を弁護士に相談するメリットについてお話します



示談交渉の必要がない

弁護士交通事故の示談交渉は煩わしいものです。症状固定の時期になると保険会社から治療費を打ち切りたい旨の連絡もあるでしょうし、休業補償をこれ以上認めることができないといった話も持ち上がると思います。そのたびに自分で保険会社と交渉しなくてはなりませんし、ただでさえ事故で心身ともに参っているのにこれだとさらに疲れてしまいますよね。相当な精神的苦痛を伴いますし、示談交渉から解放されたいと考えてしまうのも当然のことです。弁護士に相談するメリットの一つは、こうした示談交渉の煩わしさから解放されるということです。

もちろん、相談だけでなく正式に示談交渉を依頼しなくてはなりませんが、弁護士に依頼することで保険会社との煩わしいやり取りをなくすことができます。実際、保険会社とやり取りするのが面倒で弁護士に依頼するというケースは少なくありませんし、弁護士に依頼することで精神的にもかなり楽になるでしょう。交渉はすべて弁護士に任せることができますし、示談にするか裁判にしたほうがいいかのアドバイスなどももらえます。すべての交渉を任せたままでいいですから被害者は弁護士からの報告を待つだけですし特に何をする必要もありません。

 

示談金の増額

示談金弁護士に依頼することで示談金が増額するケースがほとんどです。これも弁護士に依頼する大きなメリットではないでしょうか。まず最初に弁護士に相談したときにこうした事実についても教えてくれるでしょうから、そういう意味では相談するだけでも大きなメリットがあると言えます。示談交渉がうまくいかず裁判になったとしても遅延損害金が発生しますし、事故に遭った日から年5%の遅延損害金が発生します。裁判を起こして判決まで至ったときにはこの遅延損害金のほかに弁護士費用相当額という費用も加算されますから結果的に示談金も増えるということです。

このように、弁護士に相談、依頼することにはたくさんのメリットがあります。多くの方はその事実を知らずに自分たちだけで交渉しようとしますが、これはあまりおススメできません。保険会社の言いなりになってしまうことがほとんどですし、素人は簡単に丸め込まれてしまいます。交通事故の被害に遭ったときには弁護士に相談することが先決ですから覚えておきましょう。また、弁護士を選ぶときには交通事故問題に強い弁護士を選ぶことをおススメします。インターネットで調べればこうした問題に強い弁護士は比較的スムーズに見つけられるでしょう。

交通事故と弁護士

交通事故を経験すると人生が変わると言われています。実際、交通事故が原因で人生が大きく狂わされてしまったという方はたくさんいますし、自分ではなく人の人生を狂わせてしまったというケースも多々あります。事故による障害で体が以前のように動かなくなってしまった、大切な人を失った、相手を死亡させてしまったなどさまざまなケースが考えられますが、いずれにせよ交通事故によって人生が大きく変わってしまったのは事実でしょう。

交通事故の被害に遭うとまずは自身も治療などを受ける必要がありますし、それが終わったら保険会社に治療費などの請求をしなくてはなりません。必要となる書類を集める必要もありますし、支払いに関する交渉などもしなくてはならないでしょう。ただ、こうした交渉については何も本人がやる必要はありませんし、弁護士に委託してしまうという手もあります。交通事故被害を弁護士に相談し、示談交渉などもすべて任せることもできます。

インターネット上で調べていると「交通事故被害に遭ったときは弁護士に相談すべき」という意見をたびたび目にすると思いますが、いったいどうして弁護士に相談するべきなのでしょうか。実は、交通事故被害を弁護士に相談することでいろいろなメリットが得られるのです。ここでは、交通事故被害を弁護士に相談するメリットを中心にお話しますから、今後のためにもぜひ目を通してください。いつかここで読んだ内容がお役に立つことを祈っています。